災害支援(対人援助)に特化した 研修・講演会

「地震大国」と言われる日本。過去には、南海トラフを震源として東南海地震 1944年(M7.9)、南海地震 1946年(M8)が起きています。東海地方の地震は、1854年の安政東海地震以来150年間起きていません。今後、国が予測する大地震の発生確率としては、30年以内に東海88%と言われており、ほか関東・東南海70%、南海60%となっています。
東京をはじめとする首都圏で大地震が起きた場合、被災者数・帰宅困難者数・避難者数を合わせると、国民の一割になる1200万人にのぼるといわれています。


当団体は、東日本大震災 2011.3.11からこれまでの総合的なメンタルケア活動、のべ50,000件の相談対応を行ってきました。その経験を活かし、災害後に起きる特殊な問題に柔軟に対応することができるスキルを学んだり、災害に特化した心理的援助のノウハウ等をお伝えする研修・講座等も行っております。詳しくはお問い合わせください。


★過去の実績★

・2013年10月~ 社会福祉協議会職員・生活支援相談員への対人援助者へのスキルアップトレーニング講座・メンタルケアの技能講習

・2013年10月~  避難者グループ・支援団体へのセルフメンタルケアの講習・共助的メンタルケアの講習

セミナー

セミナー

平成23年度 地域福祉セミナー〈被災した方々・避難している方々のこころによりそうには〉 山形県社会福祉協議会主催