災害ケースマネジメント宣言 

 

    私たちJASTは、災害ケースマネジメント宣言を支持します。

 

災害ケースマネジメント宣言

【定義】

災害ケースマネジメントは、被災者一人ひとりの生活再建に必要な支援を行うため、被災者に寄り添い、その個別状況・生活状況などを把握し、それに合わせてさまざまな支援策を組み合わせた計画を立てて、連携して支援する仕組みのことである[i]

 

【5つのポイント】

①個別対応

災害ケースマネジメントは、被災者ひとりひとりの問題やニーズに対し、必要な全ての支援を行うものである。

 

②アウトリーチ

住民の被災状況や受援状況の調査は、個別訪問(アウトリーチ)によるものとし、全ての問題解決に至るまで、地域全域に対して継続的に行われなければならない。

 

③支援の計画性

支援者は、被災者のニーズや状況の変化に柔軟に対応し、かつゴールを見据えた「支援プラン」を立てるものとする。

④支援の総合連携

アウトリーチ及び「支援プラン」の作成と実行にあたっては、行政・社協・民間・専門家等あらゆる社会資源が全ての情報を共有し、共通の目的に向かって活動を行うものとする

⑤平時からの備え

災害ケースマネジメントは、憲法13条・25条を論拠とし、これの実現のためには平時からの防災計画に於いて、シミュレーション・演習や人材育成等が行われるべきである。

Tel   023-600-6764

首都圏サテライト   252‐0812 神奈川県藤沢市西俣野315-8

宮城サテライト    981-1226  宮城県名取市植松4丁目14-12

Copyright© 2013-2021 一般社団法人JAST

日本ソーシャルセラピストアカデミー  All Rights Reserved.